慶應義塾大学 商学部 牛島利明研究会

めぐるめ

「私たちが普段食べているものはどこから来るのか?」

めぐるめは、この問題意識をもとに2014年に発足したプロジェクトで今年3年目になります。

「めぐるめ」という名前には私たち学生の視点である“め”と、味だけでなく食を楽しむことに対して趣をもつ行為を示す“ぐるめ”という意味が込められています。

フィールドワークを通して生産者から消費者に至るサプライチェーンを理解するとともに、食品メーカーとの連携で富山県南砺市の規格外の里芋を冷凍ペーストに加工し、新たな用途を開拓することで、地域資源の価値をどう高めていくかに取り組んでいます。

めぐるめ1

めぐるめHISTORY

2014 

プロジェクト発足

大手食品メーカーと冷凍里芋ペースト「しらゆきさとこ」の開発を行いました。

2015

「農家さんを訪問」

しらゆきさとこ里芋ペーストの材料となった里芋を栽培されている農家を訪問しました。
里芋のおいしさの秘密・里芋づくりにかける思いに迫りました。

「お菓子屋と商品開発」

里芋ペーストを使ったお菓子の開発を進めました。
完成したお菓子は実際に販売され、たくさんの消費者のもとへ届いています!

「子供たちと給食を企画」

里芋の生産地である富山県南砺市の小学生の皆さんと一緒に、里芋ペーストを使ったパンを開発し、南砺市内の小中学校の給食に提供しました。

めぐえうめ2めぐるめ3めぐるめ4

2016

「お菓子の詰め合わせ発売」

南砺市の菓子店の協力のもとさといもペースト”しらゆきさとこ”を使用したお菓子の詰め合わせを販売することができました。商品名は「しらゆきさとこの南砺めぐり〜さといもぎゅっと詰めました〜」です。

生産者の想いを詰め込んだリーフレットとともに、消費者に想いとおいしさを届けました。

 

Others

しらゆきさとこ HP

さとこ

Facebookページ 更新中!